江東区大島6丁目、新大橋通り、中の橋バス亭前、都営新宿線大島駅より徒歩3分。丁寧な説明と安全な治療を心掛ける皮膚科医院です。平日午後18:30まで、土曜17:00まで診療、木・日曜休診、江東区内往診可能。お気軽にお問い合わせ下さい。
メニュー
  • 大人の皮膚病
  • 子供・赤ん坊の皮膚病
  • 美容皮膚科
  • 訪問診療
  • クリニック紹介
  • 院長・スタッフ紹介
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 男性レーザー脱毛 詳しくはこちら
  • 女性レーザー脱毛 詳しくはこちら
かわの皮膚科

東京都江東区大島6-30-14
かわの皮膚科(大島駅徒歩3分)
Tel:03-3685-1211

大人の皮膚病

  • アトピー性皮膚炎
  • にきび
  • 湿疹・手荒れ
  • 水虫・爪水虫
  • いぼ
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • ふけ・かゆみ
  • 巻き爪
  • プライベートパーツ(陰部のかゆみ)
  • 疥癬・すいほう症
  • やけど・切り傷

水虫・爪水虫の原因

水虫は白癬菌という真菌(カビ)が原因で起こる皮膚の感染症のことを言います。白癬菌は、皮膚の角質の成分であるケラチンが大好物で、ケラチナーゼという酵素でケラチンを溶かし、栄養源にしています。そのため角質成分が豊富な足や手などに水虫になりやすのです。爪も皮膚の一部でありケラチンを豊富に含んでいます。そのため白癬菌が寄生しやすい部位です。

水虫・爪水虫の治療方法

「水虫なんて薬局で塗り薬を買って塗れば治るだろう」と思っていらっしゃる方も多いと思います。もちろん本当に水虫であれば市販薬でも十分な効果があります。ところが水虫のように見えて意外と水虫でない場合が多いのです。水虫でなければ水虫の塗り薬が効くわけもなく、塗り薬でかぶれてひどい皮膚炎を生じることもあります。まずは水虫かどうかを確実に診断する必要があります。皮膚科で検査を受ければすぐにわかります。

塗り薬・飲み薬による治療

皮膚の水虫は塗り薬で治療していきます。皮膚の水虫だけでなく、爪の水虫もあります。爪が白く濁っていたら水虫の菌が感染しているかもしれません。爪の水虫は塗り薬だけでは治りませんが、飲み薬で治すことができます。飲み薬は薬局では手に入りません。当院では薬の副作用に十分注意しながら爪水虫の内服治療を行っています。健康保険が適応になります。

日常生活の注意点

まず、爪水虫であると知ることが大事です。爪の白濁や肥厚を発見したら迷わず、皮膚科専門医に相談しましょう。
家族に足水虫、爪水虫の方がみえたら、この際、いっしょに治しましょう。
家族にうつさないように、お風呂のバスマットやスリッパは個人専用のものを使用しましょう。
家族にうつさないように、部屋の掃除機がけをこまめに行いましょう。
外出先で裸足になったら、自宅に戻ってからシャワーで足を洗いましょう。